自宅脱毛でも黒ずみをなくして美白ケアができる!ポツポツ毛穴を解消できる!?

脱毛をする上で気になることは、

脱毛後の

 

毛穴の黒ずみ

 

 

ですね。

 

10〜20代はターンオーバーの周期が早いので黒ずみや毛穴がポツポツ

する事は少ないのですが、

 

30代になってくると、加齢によりターンオーバーの周期がどうしても

遅くなってきます。

 

そうなると出て来る黒ずみ

せっかく脱毛するなら、つるつるで白く綺麗にしたいですよね!

 

脱毛で黒ずみができる理由は?

 

 

黒ずみの原因は

 

メラニン色素による色素沈着

 

によっておこりますが

わきやVIOなどは特に黒ずみになりやすい場所です。

 

 

一度なってしまうと解消するのに時間がかかりますので、

ならないためのケア方法が重要になってきます。

 

脱毛するときには黒ずみにならないように注意しながら行いましょう。

 

デリケートな部分は、

特にメラニンの生成が盛んになります。

 

メラニンは皮膚の防護反応として生成されますので、

デリケートな部分を守るために生成されているのです。

 

しかし、このメラニン色素が過剰に生成されてしまうと、

色素沈着をおこし皮膚が黒ずむ原因になるのです。

 

しかも一度できた黒ずみはやっかいで

なかなか消える事はありません。

 

 

 

 

また、皮ふへの機械的刺激(圧迫、摩擦など)により

炎症が生じるとメラニン形成と過剰角化が進み

 

黒っぽく分厚い皮ふとなります。
そのため、机や床、地面に当たることが多いひじ・ひざは特に黒ずみになりやすいのです。

 

黒ずみを改善するためには?

 

黒ずみを改善するには以下の3つが大事です。

 

  • お肌のターンオーバーをしっかり働かせる事
  • 黒ずみの原因となるメラニンを生成させない事
  • 保湿(美白化粧水、美容液)をしっかりして、乾燥させないこと

 

 

 

 

ターンオーバーをしっかり働かせるために、正しい生活習慣と適度な睡眠をとることは大事です。

メラニンを生成させないために自分に合った下着のサイズや形、素材を見直してみること。

 

これ、大事です。

特にVIOはは下着の生地との摩擦で黒ずみができやすいのです。

 

サイズがきつくて締め付けの強い形のもの、

下着を取ったときに肌に跡がついてしまうようだと、

 

肌に強く当たる所が黒ずんでしまうのです。

下着の素材にも気を付けたいですね。

 

 

綿(コットン)や絹(シルク)

 

 

など吸湿速乾加工されている繊維で作られているものがオススメです。
お肌への刺激が少なく通気性も良いので、生理中のムレなどにも効果的です!

 

また、デリケートゾーンの洗いすぎにも注意が必要です。

 

 

大陰唇や小陰唇の洗いすぎは、バリア機能の役割をする常在菌まで落とし臭いがキツくなる原因だけでなく、

それが摩擦や肌の刺激になり、黒ずみの原因になることも少なくありません。

どうすればいいかというと、

弱酸性の石鹸で優しく洗うことです。

洗浄力の強いアルカリ性は乾燥を引き起こしかゆみ・炎症などの原因になります。

また、保湿、黒ずみケアにはクリームもオススメです。

 

ピューレパール
送料無料♪30g
価格7,600円《8,208円》

詳細はこちら→→→

 

 

 

ピンキッシュボーテ
価格8,500円《9,180円税込》送料別

詳細はこちら→→

 

 

また、

美肌と黒ずみに効果がある自宅用脱毛器もある

と言われています。

家庭用の脱毛器は、基本的に出力の弱い(光)を使っています。

 

この光がなんと!黒ずみにアタックできるという情報があります!

これは朗報ですね

 

よかったらこちらもチェックしてみてください♪

詳細はこちら→→