獺祭(島耕作ラベル)の予約店舗と購入する方法まとめ!格安で手に入る送料無料で手に入れる方法は?

7月の「西日本豪雨」によって被災した、旭酒造さんが8月2日に
人気漫画の島耕作シリーズのラベルがついた

『獺祭 島耕作』

を発売すると発表しました。

8月10日から発送開始で現在は絶賛予約を受け付けています。
また、65万本という限定商品なので予約をしないと
なかなか手に入らないと思いますので、

本記事では

まだ予約を受け付けているネット店舗を紹介していきたいと思います。

まだ予約ができるのはここ!

まずは結論からお伝えしていきますね。

まだ予約ができるネットでの店舗はAmazonとなります。

Amazonでは現在予約を受け付けています!
さらにAmazonであれば・・・2本購入すると送料が無料になりますので、
2本購入するとお得です!
※確認したところ現在ネットで予約を受け付けているのはAmazonだけのようです。
どこの店舗でも売り切れ続出なので早めに予約することをおすすめします!

8月4日現在では予約可能ですがいつ売り切れるかわかりませんので、
早めの購入をおすすめします!

発送は8月10日からとなっています。

獺祭の値段と購入されば義援金になる・・・!

今回の獺祭 島耕作ラベルですが・・・・価格は

720ml:1200円

という価格になっています。
また、販売本数は65万本で1本あたり200円の義援金になります。

今回被害が特に大きかった

・岡山
・広島
・山口
・愛媛

の4県に寄付することとなり、完売すればなんと総額1億3000万円の義援金となります。

7月の「西日本豪雨」は連日ニュースとなり多大なる被害となったのはご存知の通りです。
1200円分の獺祭を買うだけで復興支援に繋がると考えたら非常にお安いですし、

「何か役に立ちたい!」

と思っている方はぜひ「獺祭 島耕作ラベル」を購入してみてはいかがでしょうか?

また人気なのですぐに売り切れてしまうので
早めの購入をおすすめします。

獺祭島耕作ラベルは安いだけじゃない!!

今回販売される獺祭ですが・・・
実は

「獺祭として出荷する社内基準に及ばず一時は廃棄を検討されたもの」

なんです。
なんとその量は50トン以上・・・!
すごい数字ですよね。

で、獺祭の会長でもある桜井会長が毎日その50トン分を毎日試飲したらしいのですがこれ

「結構美味しい」

という事で今回の販売にいたりました。

獺祭は精米度合いに応じて

「1450円〜3万円」

というランク付けがされます。
ですが・・・今回は

『一律1200円』

というわけです。
売り出される中にはもちろん最高級の「3万円相当」もかなりの本数含まれているので
1200円で3万円の味が楽しめるとなると相当お得ですよね!

獺祭のブランド一覧:「磨き 二割三部」(四合瓶で5142円)、「三割九部」(2418円)「純米大吟醸50」(1539円)

予約しないとすぐに売り切れてしまうのでぜひ早めの購入を!

Amazonであれば2本以上の購入で送料無料になります。

世間の声

まとめ

現状で予約できるのはAmazonのみとなりますので、
予約は早めにしておいて損はないと思います。

1本購入するだけで200円の義援金になりますので、
被災者の役に立ちたいと思っているのであればぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

私もAmazonで2本購入しました。
実家の父親が獺祭好きなので、お盆に帰省する時に持って帰ろうと思います。

義援金として協力することも出来ますし、
私のように親孝行もできるのでぜひこの機会に購入してみて下さい。