フライパンの素材はどう違う?テフロン加工の寿命はどのくらい?

料理の時にどの

素材のフライパンを使っていますか?

 

といっても

フライパンを多様な料理に分けて何種類も

持っているご家庭は少ないと思います。

そして、どの素材を使ってるとか考えた事もありませんでした。

 

しかし、最近知ったのですが

フライパンの素材別によってあう料理が変わってくるらしいのです!

 

フライパンの素材の種類と特徴

 

  • アルミニウム
  • ステンレス
  • チタン
  • ガラス

 

鉄製のフライパン

 

 

一昔前までは一般的に流通していた鉄製のフライパン。

今ではテフロンのフライパンが主流なので、あまりみなくなりました。

 

  • メリット

丈夫で耐久性がある

熱伝導が高く、効率よく調理ができる

使い込むごとに、油が染み込み使いやすくなる

 

  • デメリット

熱伝導が良いので、焦げに注意

鉄なので重い

使用前後の準備が面倒(空焚きなど)

錆びやすいので手入れに注意しないといけない

 

*手間はかかるが、長く使えるフライパン

 

アルミニウムのフライパン

 

 

持っているだけで、おしゃれな感じになるアルミニウム製のフライパンです。

持っているだけでオシャレな印象が強いですね。

プロの料理人の方が使用していることが多いです。

 

  • メリット

熱伝導が高く、効率いい調理が可能

銀色なので、料理の色がわかりやすい

軽量で扱いやすい

 

  • デメリット

食材がくっつきやすく、扱いが難しい

高温・強アルカリ・強酸に弱い

油馴染みがよくないので、炒め物などには不適切

 

*アルミニウムはプロ専用といった感じです。

一般の家庭で扱うのは難しいようです。

 

銅製のフライパン

 

 

銅のフライパンは他を圧倒する熱伝導率を誇っており、

プロの料理人御用達のフライパンです。

 

  • メリット

 

熱伝導が高く、効率の良い調理が可能

錆びにくい

 

  • デメリット

非常に重く扱いづらい

手入れに手間がかかる

高価な事が多い

 

*銅フライパンはプロ御用達と言われるだけあって、

優れた特徴を持ちながらも手間がかかる、扱いづらいフライパンと言えます。

 

しかし、最近では家庭用の使い勝手を重視した銅フライパンも販売されています

 

ステンレス製のフライパン

 

 

ステンレス製はあまり馴染みがないフライパンです。

 

  • メリット

丈夫で錆びない

熱伝導性が悪いので、余熱調理に長けている

 

  • デメリット

食材がくっつきやすき、焦げやすい

重くて扱いにくい

熱伝導性が悪いので、熱ムラが起きやすい

 

*ステンレスはフライパンに適していない素材です。

錆びなくて丈夫な点は確かにメリットですが、

それを遥かに上回るデメリットがあります。

 

特に食材のくっつきやすさ・焦げやすいようです。

 

チタン製のフライパン

 

 

一般的ではありませんが「チタン」製のフライパンもあります。

チタンは鉄の半分程度の重さしかなく、熱による膨張も少ないのが特徴の金属であり、

その特徴から航空機や潜水艦にも使用されています。

 

  • メリット

丈夫で長持ちする

非常に軽く、鉄の半分程度の重さ

 

  • デメリット

熱伝導が悪く、調理の効率が悪い

くっつきやすく、焦げやすい

 

*非常に軽いというメリットから、アウトドア用のフライパンとして高い人気を誇ります。

 

ガラスのフライパン

 

 

オシャレなガラスのフライパンです。

あまり、目にする事はありませんが、

硼珪酸ガラスやガラスセラミックなどの

 

耐熱ガラスから出来たフライパンであり、

オシャレでスタイリッシュな見た目が特徴的なフライパンです。

 

  • メリット

見た目がオシャレ

レンジやオーブンにも使える

 

  • デメリット

割れるリスクある

重たいので扱いづらい

熱伝導性が悪い

 

*ガラス製のフライパンは「煮込み料理に適しています」

が、「焼く、炒める」といった本来のフライパン本来の使い方

には適していません。

 

お鍋として使うのは良さそうですね。

 

テフロン加工について

 

 

テフロンとは表面にテフロンを加工したフライパンになります。

フッ素を含む合成樹脂。

プラスチックの一種で有機化合物です。

 

特徴

 

油なしの調理が可能

熱伝導性があまりよくない

テフロンは柔らかくて、弱く剥がれやすいです。

 

テフロン加工の寿命は?

 

テフロン加工のフライパンは一般家庭に多くあるんではないでしょうか?

そんな、テフロン加工の寿命は・・・・

 

だいたい2年くらい

 

と言われています。

 

意外と短いですね!

テフロンは高温に強くないので、

空焚きなどにしちゃって焦げた場合は

買い換えどきになります。

 

テフロン加工が剥がれてしますので。

 

焦げ付きにくくて、寿命が長いフライパンは

こちら**