履くだけで痩せる補正下着ってあるの?太ももとお尻のひきしめ効果は?

大人の女性の体が、

ピークを迎えるのが、23歳から26歳くらい

と言われています。

 

その後、27歳で基礎代謝が下がり始めます。

完成した体に、徐々に皮下脂肪がつき始め

体型が変化していきます。

 

そして、38歳前後くらいから急激に

代謝が落ち、体重が変化していきます。

 

これを聞いただけで恐ろしい情報ですね!

ジムなどでの運動や食生活を正しても、

どうしても人間の体加齢と重力には勝てません。

 

その時に活躍してくれるのが、

「補正下着」

 

 

体が老化を始める27歳くらいから、エイジングケアとして

始めるとベストらしいのです。

この頃から、補正下着をつけはじめると

ヒップやバストを維持できると言われています。

 

恐ろしいのは、老化が進んでしまってから

補正下着をつけても元に戻るのはなかなか難しい

と言われています。

 

しかし!もう補正下着をつけてももう無理かなーと

思っても諦めないでください!

 

気づいたその時から、

諦めずにエイジングケアとして、「補正下着」を

はくことで、大分今と変わってきます!

 

補正下着の種類

補正下着は、通常のブラジャーよりも丈の長い

「ロングブラ」

「スリーインワン」

があります。

 

「スリーインワン」は、ブラジャー・ウエストニッパー・ガードル

の三つの機能が一着に収められた補正下着になります。

ブライダル用がほとんどこのタイプになります。

 

 

 

「ロングブラ」はバストからウエストラインまでを補正してくれる

下着になります。

 

普通、ブラジャーとガードル・ショーツを別々でつけると、

その間のウエストラインの隙間に、

「段」ができます。

ロングぶらはこのお肉を抑えて、バストに変換してくるという

素晴らしい効果があります。

 

最後に「ガードルタイプ」

こちらは、お腹・腰周り・お尻・太ももと下半身に効果を見せてくれます。

 

 

補正下着の効果色々

 

目指す体は、峰不二子みたいなメリハリのあるボディですよね

例えば補正下着をバストにつけた場合、

 

 

背中に流れたお肉を集めてくれて

バストアップや垂れないようにしてくれますし、

 

 

ヒップに装着した場合は、ヒップアップ

または、足に流れたお肉をお尻に集約するため

脚長効果・太ももラインが細くなるといった効果があるようです。

 

体に合わなかったり、お肉をしっかり包み込む機能に欠ける下着を

日常的に身に付けることによってボディラインは崩れてしまいます。

 

なので、その逆をすれば、

スタイルアップは間違いなしなんです。

 

  1. ボディラインが美しくなる→100%可能
  2. 補正下着で痩せる→理論的には可能

 

私的の主観ですが、

補正下着で「痩せる」というよりも、

背中や太もも、お腹に流れた余分なお肉を

バストやヒップに移動させて「記憶させる」

という効果があると思っています。

 

痩せる効果はあるの?

 

 

ただ、「痩せる」という効果の理論もあります。

それは、

「補正下着をつけると、姿勢がよくなる」

ということです。

 

姿勢がよくなる→脊柱からの神経の流れがよくなる→内臓の働きが活発になる

そのことによって、呼吸も深くなり体温の上昇が起き

代謝が上がり痩せる事に繋がります。

 

また、姿勢がよくなる事で筋肉を使うので、引き締まってくる。

筋肉を使うことによって代謝が上がり、結果痩せる。

 

補正下着で痩せる条件

 

コルセットのようにガチガチに固めるタイプだと

ボディラインがよくなりますが、うまく筋肉が使えないので

ダイエット効果は難しいです。

 

それに、コルセットみたいにきつかったら長続きはしませんよね。

なので、ご自身にあった締め付けすぎない補正下着を見つけることが

大事になります。

 

補正効果もあり、着心地もよく綺麗に見せてくれるオススメは

こちら→→