メザイクのメイク方法は?二重まぶたを綺麗に簡単に作るやり方は?

メザイクとはアイテープの進化版で、

ファイバー式のアイプチのことを指します。

 

 

アイテープとの違いは、細く横に伸びるため、

瞼に食い込ませて二重の線を作れるところです。
食い込んだところで瞼の肉が自然に癖付くため、

瞼を張り付けなくても二重を作ることができます。
使い方にコツがいるため二重メイク初心者の方には

中々難しいのかもしれません。

 

 

しかし、自然にかつわかりにくく

二重を作れるのはメリットとしては大きいですね!

 

メザイクのメイク方法やコツなどを調べてみましたー!

 

メザイクのメリットとデメリットは?

 

メリット

 

ファイバータイプのいい所は

細くて扱いやすいので線が形成しやすい所です。

その上からメイクでアイシャドウをつけても、目立たず自然に

なります。

 

デメリット

 

ファイバータイプのデメリットは

まぶたの厚い人はファイバータイプのテープを

おさえきれないのです。

 

重さで、テープをはっても上手く二重になりません。

また、一重で筋肉がある人は、テープをはっても押し返されてしまいます。

 

自分にあうかあわないかは、実際メザイクをしてみないと

分からないと思います。

 

メザイクのやり方

準備するもの

  • メザイク
  • アイプチ用のプッシャーかアメピン
  • 眉カット用のはさみ

 

①まぶたの油分をオフする

 

 

メザイクを貼る前には必ず瞼の油分をオフしておきましょう。
これをすることでメザイクの持ち時間が伸び、

仕上がりも綺麗になります。
コットンに水を付け、

優しくふき取ってからしっかり乾かしましょう。
アイシャドウなどのメイクはメザイクの後に行います。

 

 

②二重のラインをつける

 

付属のスティックを使って、

黒目と目尻の間にあてて作りたい二重幅を決めます。
ラインをしっかりと決めておかないと失敗してしまいます。

左右同じ二重幅になるようにバランスを見ながら作るのもポイント!

 

 

③ファイバーを伸ばす

 

 

 

続いてファイバーを手に取り、伸ばします。

両端を左右に引くと真ん中から

fiver材(極細粘着繊維)が出て来ます。

 

ファイバーの端っこ(中央は持たない!)を

両手で軽く持ってそのまま左右にゆっくり

引っ張ってファイバーを伸ばします。

 

この時ねじらないようにしてください!

 

 

④二重のラインに貼り付ける

 

 

瞼には押し付けるイメージで!

両端を持ってピンと張った状態で、

二重にしたいラインにあてて食い込ませます。

 

瞬きをすれば食い込んでいきます。
一重の人はまぶたのフチから1~2mmくらい上のとこに貼るといい感じになります。
黒目の上→二重ラインの両端の順

押し込んでいくときれいなラインが出来ます。

 

⑤メザイクをカットします。

 

 

余ったファイバーはハサミでカット
まぶたも一緒に切らないように注意してください。
ハサミは先が鋭利じゃないものを使って、まぶたと平行にして切るといいですよ

 

瞼を傷つけないように注意してくださいね!

 

目じりや目頭まで長く貼りすぎると失敗の原因になるので、

黒目よりも少しはみ出た長さに剥がすのが大切です。

 

メザイクが失敗してしますポイントは?

 

メザイクが失敗してしまうときは、

基本からはみ出てているときです。

まず、理想の二重ラインを探す行程で、大事なことは自然なラインを探すことです。
欲張って二重の幅を広くすると失敗します。

スティックを3、4秒押し当てて、

 

ゆっくり離したとき二重ラインが残っていたり、

しわが残っているところが、自分の目にぴったりあった二重ラインなのです。

 

一番の成功のコツは

「慣れる事」なので

たくさん練習することをオススメします。

 

重たい一重まぶたいのメザイクのコツ

まぶたが重たい一重まぶたの人は、

メザイクが跳ね返ってきたりはがれてしまうのでなかなかうまくいきません。

 

そんなときは、アイプチとメザイク、

両方使った方法をおすすめします。

 

 

始めにノリタイプのアイプチを、理想の二重ラインにひき、

少し乾いてきたときにメザイクファーバーをのせればしっかりした二重になるでしょう

 

なるほど!

メザイクが難しい時は、アイプチも使うといいんですね!

 

アイプチも一緒に使うと

難しいと感じる人も簡単にできるかもしれませんね!

 

アイプチでオススメなのは

こちらです^ ^→→